郵船ロジスティクス、アジア向け地方空港利用新サービス開始


10月23日郵船ロジスティクスは、アジア向けに地方空港を活用した新サービスの開始を発表した。国内線で羽田空港へ転送し、羽田を対アジアへのゲートウエーとして利用する。発地対象空港は国内15空港(新千歳、庄内、岡山、広島、米子、高松、松山、山口宇部、福岡、熊本、小松、富山、長崎、大分、宮崎)で、着地対象はアジアの4空港(上海・浦東、香港、バンコク・スワンナプーム、シンガポール)。

新サービスでは地方の最寄り空港から羽田で国内線で輸送。その後羽田で輸出の貨物処理を行い国際線で輸送する。従来同社は大都市圏以外の工場や事務所から航空貨物を輸送する場合、トラックで物流拠点まで搬入し、そこで輸出申告を経て主要空港に配送しており、所在地によって集荷からアジアの空港に到着するまで数日を要していた。より迅速な輸送対応ができるルート構築を目的に、地方空港を活用サービスを開始した。新サービスにより最短で工場出荷の翌日早朝に仕向地空港に到着することが可能だという。


2回の閲覧

最新記事

すべて表示

2019年グローバルフォワーダーランキング2019 Global Forwarder Rankings announced 1st place is DHL, Kuhne & Nagel

物流市場調査やコンサルティングを手掛けるアームストロング&アソシエイツ(A&A)が2019年のグローバルフレイトフォワーダー・ランキングを発表した。各社からの発表・報告や同社の推測による売上高と物量を組みこみ、トップ25を公開している。1位は同率でDHL(ドイツ)とキューネ&ナーゲル(スイス)、2位にDBシェンカー(ドイツ)、3位はDSV(デンマーク)だった。日系では日通(6位)、近鉄エクスプレス

阪急阪神第1四半期決算、国際輸送は黒字回復 Hankyu Hanshin 1Q financial results, international transportation recovered

阪急阪神ホールディングスが発表した4-6月期(2021年3月期第1四半期)連結決算のうち、国際輸送セグメントは減収増益となった。新型コロナウイルスの影響を受け、航空輸送の取り扱いが減少したことで部門売上高は188億1400万円(前年同期比-1.7%)となったが、東アジアで緊急輸送の取り扱いがあったほか、日本でロジスティクス事業が拡大したことを受け、部門損益は前年同期の赤字(2億1600万円)から2

KWE 1Q 2020 営業利益倍増 KWE operating income doubled in 2020 1Q financial result

近鉄エクスプレスが発表した2020年3月期第1四半期決算によると、売上高1404億7300万円(前年同期比+3.6%)、営業利益79億1300万円(+100.7%)、経常利益82億円(+703.8%)となった。全体的に取扱物量が減少したものの、旅客便の減便による輸送スペースの大幅な減少と、それに伴う運賃原価・販売価格の上昇によって利益率が改善し、各地域で大幅な増益となった。通期は、売上高5160億

株式会社Lean Energy

東京都中央区日本橋室町

1-13-1 DKノア4階

お問い合わせ

support@ebidfreight.com

​© Lean Energy Co., Ltd. All right reserved.