郵船ロジスティクス、アジア向け地方空港利用新サービス開始


10月23日郵船ロジスティクスは、アジア向けに地方空港を活用した新サービスの開始を発表した。国内線で羽田空港へ転送し、羽田を対アジアへのゲートウエーとして利用する。発地対象空港は国内15空港(新千歳、庄内、岡山、広島、米子、高松、松山、山口宇部、福岡、熊本、小松、富山、長崎、大分、宮崎)で、着地対象はアジアの4空港(上海・浦東、香港、バンコク・スワンナプーム、シンガポール)。

新サービスでは地方の最寄り空港から羽田で国内線で輸送。その後羽田で輸出の貨物処理を行い国際線で輸送する。従来同社は大都市圏以外の工場や事務所から航空貨物を輸送する場合、トラックで物流拠点まで搬入し、そこで輸出申告を経て主要空港に配送しており、所在地によって集荷からアジアの空港に到着するまで数日を要していた。より迅速な輸送対応ができるルート構築を目的に、地方空港を活用サービスを開始した。新サービスにより最短で工場出荷の翌日早朝に仕向地空港に到着することが可能だという。


2回の閲覧

最新記事

すべて表示

11月フォワーダーランキング Forwarder Ranking in November (International Air Cargo Handling Volume)

11月の日本発国際航空貨物取扱量フォワーダーランキングが明らかになった。1位は日本通運で20,459㌧(前年同月比+13.8%)、2位は近鉄エクスプレス10,341㌧(-8.9%) 、3位は郵船ロジスティクス9,933㌧(+4.5%) 、4位は西日本鉄道国際物流事業本部(にしてつ)4,357㌧ (-7.9%)、5位は阪急阪神エクスプレスは3,850㌧(-3.4%)だった。自動車関連の需要が旺盛。

10月フォワーダーランキング(国際航空輸出貨物取扱量) October Forwarder Ranking (International Air Cargo Handling Volume)

10月の日本発国際航空貨物取扱量フォワーダーランキングが明らかになった。1位は日本通運で17,967㌧(前年同月比+17.7%)、2位は近鉄エクスプレス10,777㌧(-3.2%) 、3位は郵船ロジスティクス10,745㌧(+3.0%) 、4位は西日本鉄道国際物流事業本部(にしてつ)4,281㌧ (-2.0%)、5位は阪急阪神エクスプレスは3,836㌧(-1.3%)だった。先月の日通に続いて郵船ロ

近鉄エクスプレス、2021年3月期は最高益見通し  KWE forecasts highest profits for the fiscal year ending March 2021

近鉄エクスプレスは2021年3月期第2四半期決算の業績が、営業収入で2,637億18百万円(前年同期比-2.9%減)、営業利益は130億8百万円(+48.5%)、経常利益は134億24百万円(+104.0%)、親会社株主に帰属する四半期純利益は81億58百万円(+266.6%)となった。新型コロナの影響により、取扱物量は減少したが、航空貨物輸送における旅客便の減便による輸送スペースの大幅な減少に伴

株式会社Lean Energy

東京都中央区日本橋室町

1-13-1 DKノア4階

お問い合わせ

support@ebidfreight.com

​© Lean Energy Co., Ltd. All right reserved.