Kansai Airport, import and export cargo handling is expanding


The international cargo area at Kansai International Airport, which was damaged by Typhoon No. 21, is being restored and the handling of imported and exported cargo is expanding. In particular, the recovery of Japan Airlines has been rapid, and the volume of cargo handled has returned to the level before the disaster. All Nippon Airways (ANA/NH), which suffered severe damage, resumed operations of its own cargo flights after arriving on March 14, despite delays in the recovery of import cargo terminal. In order to completely resume cargo handling of other carrier's flights in the nearest future, the company will urgently repair damaged parts. The total volume of cargo handled by Kansai Airways decreased by 60% in September from the same month of the previous year, but it is expected that the volume will recover drastically in October.


最新記事

すべて表示

関空連絡橋、8日朝に完全復旧

昨年9月に台風21号の被害を受けた関西国際空港の連絡橋が4月8日午前6時、上下各3車線での通行が再開された。これで連絡橋は7カ月ぶりの完全復旧となった。

関西空港連絡橋、3月7日に上下各2車線化

昨年9月の台風21号で被災した西空港連絡橋道路部分が、3月7日午前中に上下各2車線・計4車線を確保できるようになる。 26日の石井啓一国土交通相による会見で公表された。合計で上下各3車線・計6車線による運用が可能となる「完全復旧」は4月上旬になると報告した。従来、完全復旧は春の大型連休までに実現するスケジュールだったため、前倒しの形となる。

日本郵船、神戸CTで船舶受け入れを再開

11月21日、日本郵船は9月の台風21号で被害を受けた日本郵船神戸コンテナ・ターミナル(RC-6/7)の復旧状況を公表した。コンテナクレーン5基中4基の仮修理が10月末に完了したことを受け、一時的に他のターミナルへ寄港していた全ての船舶の受け入れを再開した。残り1基については引き続き修理中となっており、稼働再開には時間を要すると見込んでいる。

株式会社Lean Energy

東京都中央区日本橋室町

1-13-1 DKノア4階

お問い合わせ

support@ebidfreight.com

​© Lean Energy Co., Ltd. All right reserved.