関西国際空港、貨物再開状況⑤


台風21号の影響で関西国際空港に被害が出たことを受け、関西エアポートは9月8日、「KIX早期復旧計画」を公表した。同計画では「緊急供用」「暫定供用」「本格供用」の3段階で復旧計画を進める方針を示した。

「国際貨物の供用」については、3段階目の「本格供用」に含まれている。関西エアポートによると、8日から補修作業に取り掛かっているが、1期島貨物地区に関して、現時点で具体的な見通しを示す段階にはないという。まずは貨物地区、上屋の被害を確認し安全確保した上で、復旧に向けた具体的な計画の立案、諸作業に取り掛かるという行程になるようだ。

関西空港は国際航空貨物分野で「創貨」を柱の一つに掲げ、医薬品や食の輸出など、

日本でも先駆的な航空物流機能の構築に積極的に取り組んできた。2017年度に80万トンを超える国際貨物を取り扱った関西空港が担う役割は大きい。上屋施設をはじめとするハード、システム基盤などのソフト、その両面からの機能回復、貨物地区の再生に期待が寄せられる。


38回の閲覧

最新記事

すべて表示

コンテナ長期契約交渉開始、値上げは必至 Long-term contract negotiations for marine containers have started

来期に向けた海上コンテナ貨物の長期契約交渉が始まりつつある。先行して妥結した海外では、スポット市場の高騰を受けて昨年より大幅な値上げが進む。サプライチェーンの深刻な混乱から、荷主はスペースとコンテナ確保を最優先しており、日本においても値上げの実現自体は確実視されている。 Long-term contract negotiations for marine container cargo for t

郵船ロジ、チリで合弁会社を設立 Yusen Logistics establishes joint venture in Chile

郵船ロジスティクスはチリで現地バートナー企業と合弁会社Yusen Logistics Chile SpAを設立した。同社は 2016年からチリで物流サービスを提供しているが、合弁会社設立でさらなる物流事業拡大を目指す。チリは銅などの鉱山物のほか、農林水産物の輸出も盛ん。近年は輸出市場の拡大を目指して近隣諸国やアジア太平洋地域との関係強化や、積極的な通商政策を進めている。 Yusen Logisti

SCFI Summary week 1

北米西岸経由(前週比+1)、 北米東岸経由(+21) 、 欧州(+360)で増加。釜山(±0)は横ばい。 The Shanghai Containerized Freight Index as of 8th of January increased via the west coast of North America (+1 compared to the previous week), via

株式会社Lean Energy

東京都中央区日本橋室町

1-13-1 DKノア4階

お問い合わせ

support@ebidfreight.com

​© Lean Energy Co., Ltd. All right reserved.