関西国際空港、貨物再開状況⑤


台風21号の影響で関西国際空港に被害が出たことを受け、関西エアポートは9月8日、「KIX早期復旧計画」を公表した。同計画では「緊急供用」「暫定供用」「本格供用」の3段階で復旧計画を進める方針を示した。

「国際貨物の供用」については、3段階目の「本格供用」に含まれている。関西エアポートによると、8日から補修作業に取り掛かっているが、1期島貨物地区に関して、現時点で具体的な見通しを示す段階にはないという。まずは貨物地区、上屋の被害を確認し安全確保した上で、復旧に向けた具体的な計画の立案、諸作業に取り掛かるという行程になるようだ。

関西空港は国際航空貨物分野で「創貨」を柱の一つに掲げ、医薬品や食の輸出など、

日本でも先駆的な航空物流機能の構築に積極的に取り組んできた。2017年度に80万トンを超える国際貨物を取り扱った関西空港が担う役割は大きい。上屋施設をはじめとするハード、システム基盤などのソフト、その両面からの機能回復、貨物地区の再生に期待が寄せられる。


40回の閲覧

最新記事

すべて表示

ANAの貨物部門、売上過去最高

ANAホールディングス(NH/ANA)の2021年3月期の連結決算によると、貨物部門のANAカーゴが過去最高の1605億円(前期比+56.3%)を記録した。旅客便の運休・減便により国際線貨物輸送重量が65.5万㌧(-24.4%)に減少したものの、需給のひっ迫によって運賃が高騰したことによる。前期は、第1四半期にマスクなど緊急物資の輸送需要が増加し、8月以降は自動車関連部品や半導体、電子機器などの需

日本発航空輸出混載貨物実績(3月)

3月の日本発航空輸出混載貨物実績は、重量が11万3236㌧(前年同月比+63.4%)、件数が26万9240件(+23.9%)だった。年度末の需要増加により、海上貨物の混乱で貨物がさらに増加し、2月からも1万8000㌧超増えた。 重量は4カ月連続の増加で、 新型コロナウイルス禍のスペース不足が続く中、記録的な高水準となった。

郵船ロジ、北米向け自動車関連で航空輸出過去最高

郵船ロジスティクスの3月の日本発国際航空貨物取扱量は17,219㌧と、統合による会社発足後過去最高を記録した。北米向けの自動車関連緊急輸送需要を取り込んだことによる。成田発で米国や欧州に毎週ベリーチャーターを継続しており、ボリュームを生かした購買力で安定的にスペースを確保、運賃マーケットが高い中でも競争力ある航空輸送商品を提供している。事業や地域を超えた部門間の連携で、過去最高の物量も円滑なオペレ