パナルピナ、航空貨物スペース不足を警告


パナルピナは 自社ホームページなどを通じ、年後半のピークシーズンに向けて航空貨物スペースの供給不足が懸念されるとの警告している。顧客や業界関係者に向けて、ピーク時の輸送計画への早期準備と、料金上昇への対応を呼び掛けている。

同社によると、航空貨物運賃は現状、前年比15~20%増の水準で推移し、10~12月はさらなる上昇が予想されるとしている。スペースの逼迫に加え、貨物の受託と引渡しや仕分け、貨物の組み付けなどを行うグランドハンドリング業務でも対応力不足が深刻化している。昨年末はフランクフルト空港など一部主要空港で貨物の滞留が発生したが、今年はアジア太平洋地域でもその懸念があるという。米中の貿易摩擦の行方次第で、緊急輸送需要が発生し、物量が急増する可能性があるためだ。同社は「今年は特に、荷主、フォワーダー、航空会社、 グランドハンドリング会社、空港、トラック会社の間で、より良い連携を図るべきだ」と話す。


9回の閲覧

最新記事

すべて表示

SCFI Summary week 38

北米西岸経由(前週比+53)、 北米東岸経由(+100) 、 欧州(+27)、 釜山(+6)はで増加 。 The Shanghai Containerized Freight Index as of 18th of September increased via the west coast of North America (+53 compared to the previous week),

7月フォワーダーランキング(国際航空輸出貨物取扱量) June Forwarder Ranking (International Air Cargo Handling Volume)

7月の日本発国際航空貨物取扱量フォワーダーランキングが明らかになった。1位は日本通運で13,521㌧(前年同月比-20.7%)、2位は近鉄エクスプレス9,234㌧(-18.8%) 、3位は郵船ロジスティクス6,681㌧(-27.7%) 、4位は阪急阪神エクスプレスは2,451㌧(-41.0%) 5位は西日本鉄道国際物流事業本部(にしてつ)2,623㌧ (-40.4%)だった。前年比では大幅に減少し

輸出用空コンテナ在庫、不足の可能性 Possibility of shortage of empty container for export

日本国内で輸出用空コンテナが不足する兆しが見えてきた。中国における急速な輸出需要の回復で、現地では空コンテナの需給逼迫感が強まっている。船社は空コンテナ確保のため、日本から中国をはじめ、アジアへの空コン回送を急いでおり、その余波で日本でもタイト感が強まってきた。船会社ごとに日本発着で主力とするトレードが変わり、コンテナ運用の方針も異なるため、まだ全体的な動きにはなっていないが、中国発米国向けの活況

株式会社Lean Energy

東京都中央区日本橋室町

1-13-1 DKノア4階

お問い合わせ

support@ebidfreight.com

​© Lean Energy Co., Ltd. All right reserved.