富士運輸の空車情報システム販売好調


富士運輸が開発した車両の位置を把握できる情報システム「docomap JAPAN」の販売が好調だ。これは、トラックの空車情報をインターネット上で表示するシステムで、昨年11月に販売を開始し、今年7月までに4000台以上の契約があった。6月には、バージョンアップした第2弾「ドコマップ2」もリリースした。

「docomap JAPAN」は、ドコモのGPS端末を車両に取り付けることでその車両の位置情報を確認できる仕組みだ。 ドコマップではドコモの情報をさらに見やすくする仕組みを開発。グーグルマップを活用し、位置情報やストリートビューまで、パソコンやスマホでも確認が可能となっている。 今後は、トラックが運行中に不具合が生じた場合でも近くのトラックディーラーに駆け込めるような「ディーラー・マップ」を近日掲載する予定。専用GPSがなくてもスマートフォンで利用可能な「Docomap Go」も完成し、運用も始まっている。


2回の閲覧

最新記事

すべて表示

The round bid tool is now available on the e-Bid Freight ラウンド入札の対応が可能になりました

e-Bid Freight では定期案件のラウンド入札が対応可能になりました。単体比較画面でNext roundというStatusを追加しました。一度で決めきれない大規模な入札は、Next round を活用して制度の高い入札を実現しましょう。Next round を選択後、該当のプロジェクトをコピーして次ラウンドの入札を実施することが出来ます。 The round bidding tool is

関西エアポート、災害タスクフォース立ち上げ

9月28日、関西国際空港を運営する関西エアポートは、台風 21 号による被害について十分に検証し、今後の防災計画を策定するため、災害対策タスクフォースを立ち上げたことを発表した。

株式会社Lean Energy

東京都中央区日本橋室町

1-13-1 DKノア4階

お問い合わせ

support@ebidfreight.com

​© Lean Energy Co., Ltd. All right reserved.