DHL、エチオピア航空とジョイントベンチャー設立


7月26日、DHLグローバルフォワーディング(DHL・GF)は航空との合弁会社設立の合意を発表した。社名は「DHL-Ethiopian Airlines Logistics Services」で、エチオピアを拠点に、アフリカ全土での物流事業を行う。エチオピアをアフリカの物流ハブにすべく、エチオピア国内の物流インフラと接続性の向上を図るという。


14回の閲覧

最新記事

すべて表示

2019年中国フォワーダーランキング、日通14位 The 2019 China Forwarder Ranking, Nippon Express ranked in 14th

中国国際貨運代理協会(中国フォワーダー協会、CIFA)は2019年の中国フォワーダーランキングベスト100を発表した。総合1位はシノトランス、2位は海運最大手のチャイナ・コスコ・ホールディングス傘下の中遠海運国際貨運(コスコ・インターナショナル・フレート)、3位は中国物資儲運集団だった。日系現地法人では日本通運14位、近鉄エクスプレス23位、郵船ロジスティクス29位にランクイン。事業別では、日通が

2020年の中国―欧州鉄道「中欧班列」輸送が過去最高 2020 China-Europe Railway "CRExpress" transportation record high

中国-欧州のクロスボーダー貨物鉄道輸送の実績が過去最高を記録した。中国国家鉄路集団によると、中欧鉄道列車、「中欧班列(CRExpress)」の昨年の運行実績は、計1万2400便(前年比+50.8%)、113万5000TEU(+56.5%)だった。年間の便数で1万便、輸送量で100万TEUを突破。中国発に荷量の偏る「片荷」の解消が進み、補助金に支えられていた運賃も定期運行の増加で安定してきて、商業利

2020年12月フォワーダーランキング(国際航空輸出貨物取扱量) Forwarder Ranking in December 2020

2020年12月の日本発国際航空貨物取扱量フォワーダーランキングが明らかになった。1位は日本通運で23,366㌧(前年同月比+35.0%)、2位は近鉄エクスプレス12,926㌧(+9.9%) 、3位は郵船ロジスティクス11,513㌧(+19.8%) 、4位は西日本鉄道国際物流事業本部(にしてつ)5,028㌧ (+19.4%)、5位は阪急阪神エクスプレスは4,931㌧(+29.2%)だった。全社前年

株式会社Lean Energy

東京都中央区日本橋室町

1-13-1 DKノア4階

お問い合わせ

support@ebidfreight.com

​© Lean Energy Co., Ltd. All right reserved.