日本郵船、連結業績予想を下方修正


日本郵船は7月25日、2019年3月通期連結業績予想の大幅な下方修正を発表した。売上高は1兆7600億円(前回予想:1兆8050億円)、営業利益は20億円(同370億円)、経常利益は100億円(同400億円)、当期純利益120億円(同290億円)。上期の経常損益を前回は145億円の黒字と予想していたが、50億円の赤字へと転落する見通しだ。コンテナ船事業統合に伴う一時費用が想定以上に生じていることに加え、連結子会社の日本貨物航空(NCA/KZ)の不適切整備問題にかかる運航停止が下方修正の要因だという。日本郵船はNCAの通期事業計画の前提見直しを不可避だとしている。


1回の閲覧

最新記事

すべて表示

フェデックス、ハノイ空港で危険物クラス9の取扱を開始 FedEx starts handling dangerous goods class 9 at Hanoi Airport

フェデックスエクスプレス(FDX/FX)は、ベトナム・ハノイ空港を発着する危険物クラス9の取り扱いを開始する。危険物クラス9には、リチウム電池や磁性物質のほか、航空機制の固体・液体などが含まれる。 FedEx Express (FDX/FX) will start handling dangerous goods class 9 departing and arriving at Hanoi Ai

マースク、ダムコの航空・LCL事業吸収 Maersk merges Damco's aviation and LCL business

マースクは世界規模で組織改編を行い、ダムコの航空フォワーディングおよび海上LCLサービスをマースクと統合させる。LCLは1つのコンテナに複数の荷主の貨物を混載する輸送形態。現在のサプライチェーンにおける輸送ニーズを満たすには、さまざまな輸送モードの活用が不可欠とし、海上輸送を担うマースクがダムコを吸収する形でこのニーズに応える。マースクは世界2割のシェアを持つコンテナ船オペレーターとしてだけでなく

株式会社Lean Energy

東京都中央区日本橋室町

1-13-1 DKノア4階

お問い合わせ

support@ebidfreight.com

​© Lean Energy Co., Ltd. All right reserved.