中国、6月から輸出入貨物の事前情報提出が厳格化


中国税関はマニフェスト情報の事前提出必須項目を追加する。対象は中国本土発着の輸出入貨物で、6月1日より開始。必須項目は中国税関が指定する種類の「企業コード」、電話番号、品名など20項目以上。(海関総署公告2017年第56号の、公告(2017)56号附件)

必要提出項目に不備があると、現地通関が大きく遅れる可能性がある。また、 地方、空港の税関ごとに詳細な対応が異なることもある。さらに、直前の要請内容の変更や追加の可能性もあるため、航空会社は正確な情報収集と周知を急いでいる。


33回の閲覧

最新記事

すべて表示

フェデックス、ハノイ空港で危険物クラス9の取扱を開始 FedEx starts handling dangerous goods class 9 at Hanoi Airport

フェデックスエクスプレス(FDX/FX)は、ベトナム・ハノイ空港を発着する危険物クラス9の取り扱いを開始する。危険物クラス9には、リチウム電池や磁性物質のほか、航空機制の固体・液体などが含まれる。 FedEx Express (FDX/FX) will start handling dangerous goods class 9 departing and arriving at Hanoi Ai

成田空港の航空貨物積込量(7月)、回復傾向 Narita Airport air cargo loading (July) is on a recovery trend

東京税関によると、7月の成田空港の国際航空貨物取扱量は、積込量が6万5181㌧(前年同月比-19.8%)、取卸量が8万8500㌧(-4.2%)で、総取扱量は15万3681㌧(-11.5%)だった。新型コロナウイルスの影響で、積込量は5か月連続減少、取卸量は4か月連続減少したが、積込量は2か月連続で前月実績を上回り、前年同月実績と比べたマイナス幅も縮小傾向にある。 According to Toky

株式会社Lean Energy

東京都中央区日本橋室町

1-13-1 DKノア4階

お問い合わせ

support@ebidfreight.com

​© Lean Energy Co., Ltd. All right reserved.