物流ロボットの販売始まる


エレクトロニクス技術商社の協栄産業はロボットベンチャー企業のギークプラス社(中国・北京)と業務提携した。協栄産業はギークプラス社が開発したロボット物流ソリューションの国内販売、保守業務のサポートを行う。 ギークプラスはアリババTmall、越境ECサービス会社FISHERをはじめ20社以上の販売実績を持つ。同社は2017年夏に日本法人を設立し、ロボット30台が千葉県印西市のプロロジスパーク千葉ニュータウンに導入された。現在、アパレル物流の代行業者アッカ・インターナショナルが運営するビルケンシュトック(ドイツ)の倉庫で入出荷業務を担っている。 協栄産業は倉庫マネジメントシステムと、ギークプラス社のロボットのコントロールシステムの間をシームレスに結合しいていく。


8回の閲覧

最新記事

すべて表示

SCFI Summary week 38

北米西岸経由(前週比+53)、 北米東岸経由(+100) 、 欧州(+27)、 釜山(+6)はで増加 。 The Shanghai Containerized Freight Index as of 18th of September increased via the west coast of North America (+53 compared to the previous week),

株式会社Lean Energy

東京都中央区日本橋室町

1-13-1 DKノア4階

お問い合わせ

support@ebidfreight.com

​© Lean Energy Co., Ltd. All right reserved.