継越航空貨物からみる北米向け航空運賃の高騰


日本発北米向けの航空貨物で継越貨物の影響力が増している。「継越貨物」は日本以外の発地から輸出された貨物で、日本を経由する貨物のことである。日本発は欧米向けの旅客便も多いことから、主に中国を中心としたアジア発の継越貨物が増加している。

グラフは国土交通省の日本出入航空貨物路線別取扱実績を元に弊社で作成したものである。もともと北米向けは日本からの純粋な輸出貨物である「直送貨物」の割合が低く、40%前後を推移していた。しかし直近では中国発の航空貨物が好調であることを背景に、35%程度まで低下しており、日本初航空運賃の上昇を招いている。

また、過去3年間のデータをみると、直送貨物の割合に一定の傾向が見られる。継越貨物の増減にはiPhoneの発売やクリスマス商戦、中国の祝日などが大きく影響している。一方、直送貨物は日本のお盆、正月にあわせて減少傾向にある。

直近のe-Bidによる日本発北米向け航空貨物のスポット料金は、年初に比べて150%~200%にまで上昇している。10月は中国の国慶節があるため、貨物輸送量はやや低調になるはずだが、昨年の傾向から見ると、クリスマス商戦まで継越貨物は堅調な推移が予想される。年が明け中国の旧正月を迎えるまで、日本初北米向けの航空運賃はさがってこないだろう。


328回の閲覧

最新記事

すべて表示

ANAの貨物部門、売上過去最高

ANAホールディングス(NH/ANA)の2021年3月期の連結決算によると、貨物部門のANAカーゴが過去最高の1605億円(前期比+56.3%)を記録した。旅客便の運休・減便により国際線貨物輸送重量が65.5万㌧(-24.4%)に減少したものの、需給のひっ迫によって運賃が高騰したことによる。前期は、第1四半期にマスクなど緊急物資の輸送需要が増加し、8月以降は自動車関連部品や半導体、電子機器などの需

日本発航空輸出混載貨物実績(3月)

3月の日本発航空輸出混載貨物実績は、重量が11万3236㌧(前年同月比+63.4%)、件数が26万9240件(+23.9%)だった。年度末の需要増加により、海上貨物の混乱で貨物がさらに増加し、2月からも1万8000㌧超増えた。 重量は4カ月連続の増加で、 新型コロナウイルス禍のスペース不足が続く中、記録的な高水準となった。

郵船ロジ、北米向け自動車関連で航空輸出過去最高

郵船ロジスティクスの3月の日本発国際航空貨物取扱量は17,219㌧と、統合による会社発足後過去最高を記録した。北米向けの自動車関連緊急輸送需要を取り込んだことによる。成田発で米国や欧州に毎週ベリーチャーターを継続しており、ボリュームを生かした購買力で安定的にスペースを確保、運賃マーケットが高い中でも競争力ある航空輸送商品を提供している。事業や地域を超えた部門間の連携で、過去最高の物量も円滑なオペレ