航空貨物運賃、欧米向けを中心に高騰


日本から欧州、米国へ運ぶ航空貨物のスポット運賃が上昇している。日本発航空貨物が好調なことに加え、韓国、中国発の貨物需要が好調で、スペースを逼迫している。

大手フォワーダーによると、中国発の貨物が日本経由で米国に輸送されており、航空運賃は安くても500円台ということ。日本発の航空運賃も上昇しているとは言え、300~500円を推移しているため、航空会社は運賃が高い中国発の貨物にスペースを割り当てる傾向にある。スポット運賃がファイルレート(定期で契約する運賃)の150~200%高になることもある、と一部のフォワーダーは嘆いている。

e-Bid Freight システムを通して入手したスポット料金を比較しても、7月に比べて8月は数%程度上昇している。

通常、定期契約運賃の更新は4月と9月に実施される。9月~12月はクリスマス商戦で荷動きが活発な上、秋以降は新型iPhoneなどスマートフォンの新製品出荷も始まる。スポット運賃だけでなく、定期契約運賃も高騰することが予想される。


756回の閲覧

最新記事

すべて表示

CCFI Summary week 18

欧州(前週比+4.9%)、北米西岸経由(+1.2%)、 北米東岸経由(+8.1%) で増加。 韓国(-5.4%) は減少。

DSVパナルピナ、アジリティの商業貨物部門買収

DSVパナルピナは、中東系物流大手アジリティの一般商業貨物部門アジリティ・グローバル・インテグレーテッド・ロジスティクス(アジリティGIL)の買収を発表した。買収額は42億ドル。アジリティGILの業績を合わせたDSVパナルピナの事業規模は、売上高約220億ドル、従業員7万人以上に拡大し、売上高でDBシェンカーを抜き世界3位の3PL企業となる。フォワーディングの取扱量は航空貨物160万㌧以上、海上貨

ANAの貨物部門、売上過去最高

ANAホールディングス(NH/ANA)の2021年3月期の連結決算によると、貨物部門のANAカーゴが過去最高の1605億円(前期比+56.3%)を記録した。旅客便の運休・減便により国際線貨物輸送重量が65.5万㌧(-24.4%)に減少したものの、需給のひっ迫によって運賃が高騰したことによる。前期は、第1四半期にマスクなど緊急物資の輸送需要が増加し、8月以降は自動車関連部品や半導体、電子機器などの需