輸出船契約前年度2割減 20% decrease of export ship contracts in FY2019

日本船舶輸出組合によると、2019年度の輸出船の契約実績(受注量)は845万㌧(前年度比-21%)だった。中韓勢との競争激化に加え新型コロナウイルスの感染拡大などで鉄鉱石や原油、雑貨といった物資を運ぶ海運市況が悪化し、新造船需要が低下した。


According to the Japan Ship Export Association, the contract record (order volume) for export ships in FY2019 was 8.45 million tons (-21% compared to the previous year). In addition to intensifying competition with the Chinese and South Koreans, the spread of new coronavirus infections, etc. worsened shipping market conditions for goods such as iron ore, crude oil, and miscellaneous goods.

5回の閲覧

最新記事

すべて表示

2020年度下期複合輸送、輸出入合計7%増と急回復

国際フレイトフォワーダーズ協会(JIFFA)によると2020年度下期の国際複合輸送実績は、輸出が99万6446TEU(前年同期比+2.2%)、輸入が157万9122TEU(+10.2%)、輸出入合計が257万5568TEU(+7.0%)だった。レベニュートンベースでは、輸出が2456万5000㌧(+ 9.1%)で2018年度上期の水準まで回復し、輸入も3595万1000㌧(+ 5.2%)と、輸出入

日本発航空輸出混載貨物実績(4月)

4月の日本発航空輸出混載貨物実績は、重量が11万481㌧(前年同月比+104.0%)、件数が25万3455件(+40.8%)だった。 重量は5カ月連続の増加。