郵船ロジ、行政処分が開始


写真は1月27日に撮影、郵船ロジの成田ロジスティクスセンター(千葉県山武郡芝山町)

郵船ロジスティクス株式会社(以下、郵船ロジ)による輸入鮮魚の虚偽申告で、東京、名古屋、大阪の各税関から受けた行政処分が平成29年1月27日より開始された。処分は平成29年3月2日までの予定で、その期間、郵船ロジが保税蔵置場の許可を受けている施設全て(計7 箇所)において、外国貨物及び輸出しようとする貨物の搬入が出来ない。

輸入貨物は空港で輸入申告手続きが可能なため影響は限られているが、輸出貨物は外部提携倉庫に荷役作業を委託しており、委託倉庫での負担増が懸念されている。その他、輸出・輸入ともに自社ULDの取り扱いが出来なくなる。


334回の閲覧

最新記事

すべて表示

SCFI Summary week 38

北米西岸経由(前週比+53)、 北米東岸経由(+100) 、 欧州(+27)、 釜山(+6)はで増加 。 The Shanghai Containerized Freight Index as of 18th of September increased via the west coast of North America (+53 compared to the previous week),

7月フォワーダーランキング(国際航空輸出貨物取扱量) June Forwarder Ranking (International Air Cargo Handling Volume)

7月の日本発国際航空貨物取扱量フォワーダーランキングが明らかになった。1位は日本通運で13,521㌧(前年同月比-20.7%)、2位は近鉄エクスプレス9,234㌧(-18.8%) 、3位は郵船ロジスティクス6,681㌧(-27.7%) 、4位は阪急阪神エクスプレスは2,451㌧(-41.0%) 5位は西日本鉄道国際物流事業本部(にしてつ)2,623㌧ (-40.4%)だった。前年比では大幅に減少し

株式会社Lean Energy

東京都中央区日本橋室町

1-13-1 DKノア4階

お問い合わせ

support@ebidfreight.com

​© Lean Energy Co., Ltd. All right reserved.