船井総研ロジ、物流ESGロジ導入診断サービス開始

船井総研ロジは物流領域におけるESGへの取り組みを検討中の企業を対象とした「ESGロジスティクス導入診断・実行支援サービス」の提供を始めた。同社が提供するサービスは、持続可能な物流体制の実現に向け、企業に適した共同配送やモーダルシフト、労働負荷低減、輸送インフラの安定化といったESGロジスティクス実行策を提案する。


Funai Soken Logistics has begun offering an "ESG Logistics Diagnosis and Implementation Support Service" for companies that are considering ESG initiatives in the logistics field. The company's service proposes ESG logistics implementation measures such as joint delivery, modal shift, labor load reduction, and stabilization of transportation infrastructure that are suitable for companies to realize a sustainable logistics system.

2回の閲覧

最新記事

すべて表示

CCFI Summary week 48

欧州(前週比+1.2%)、北米西岸経由(+2.1%) 、 北米東岸経由(+2.7%) 、 韓国(+0.4%)で増加。 Europe (+1.2%), North America via West Coast (+2.1%), North America via East Coast (+2.7%), and South Korea (+0.4%) increased.

エミレーツ、2024年までに1140億円投じて貨物機増強

エミレーツスカイカーゴ(UAE/EK)は、貨物機導入と機体改修に36億ディルハム(1140億円)を投資する計画を発表した。2022年にボーイング777F型機を新たに2機導入するとともに、23年から2024年にかけてボーイング777-300ER型旅客機4機を貨物機に改修する。中東や欧州・アフリカの国際ハブ空港としての地位を確立しているドバイ国際空港を拠点に航空貨物輸送を展開するエミレーツグループは、

日本発航空輸出混載貨物実績(21年10月)

10月の日本発航空輸出混載貨物実績は、重量が9万8062㌧(前年同月比+23.2%)、件数が24万9582件(+6.1%)だった。重量は11カ月連続の前年超え。 Airfreight consolidation shipments from Japan in October totaled 98,062 tons (up 23.2% y-o-y) and 249,582 cases (up 6.1