日本郵船荷動き予測、原油輸入東南・南アジア急増

日本郵船は、海上荷動きと船腹需給の見通しを明らかにした。ドライバルク貨物のけん引役はこれまでの鉄鉱石や石炭からマイナーバルクに変わる。原油輸入は中国以外のアジア新興国が牽引する。ドライバルクについては、2010年から20年までの平均伸び率実績と20年から30年までの平均伸び率の推計と比較。鉄鉱石は4.3%からマイナス0.7%、石炭は2.3%からマイナス1.7%に落ち込む一方で、マイナーバルクは2.2%から2.8%に増加する。原油はマイナス0.2%から1.7%のプラスに転じる。24年までの船腹需給見通しは、鉄鉱石が22年にマイナスに転じて減少が続く。石炭も原料炭と一般炭ともに右肩下がりとなる。鋼材やセメント、非鉄金属鉱石などのマイナーバルクが年々増加幅を広げていくのとは対照的だ。原油輸入はインドなど東南・南アジア諸国を中心に30年まで高いペースで増加を続ける。20年から30年までにインドは年平均伸び率が5.9%、その他アジア(インド、中国、日本、韓国除く)が5.3%と、他地域と比べても際立って高い。欧州や日本はこの10年間で輸入を減らしていく。米国は、競争力の高いメキシコ湾岸の石油精製施設が輸入原油を使い続けることから輸入は底堅く推移する。

1回の閲覧

最新記事

すべて表示

エミレーツ、2024年までに1140億円投じて貨物機増強

エミレーツスカイカーゴ(UAE/EK)は、貨物機導入と機体改修に36億ディルハム(1140億円)を投資する計画を発表した。2022年にボーイング777F型機を新たに2機導入するとともに、23年から2024年にかけてボーイング777-300ER型旅客機4機を貨物機に改修する。中東や欧州・アフリカの国際ハブ空港としての地位を確立しているドバイ国際空港を拠点に航空貨物輸送を展開するエミレーツグループは、

華南バージフィーダーサービスの停止が前倒しで長期化懸念

華南・珠江デルタ(パールリバーデルタ)におけるバージフィーダーサービスがコロナ禍の混乱を背景に、例年より早く12月半ばから運航を停止する。予これに伴ってコンテナ船各社も日本発華南向けの引き受け停止を大幅に前倒しする。バージの運航停止期間は2カ月近くにおよぶ見込み。もともと海上輸送が大幅に遅延していることに加え、春節後は五輪開催も控えており、輸送混乱の長期化が懸念される。

ANAがカナダの洪水でRFS停止

カナダ西部ブリティッシュコロンビア州での集中豪雨によるインフラ被害の影響が航空貨物にも出ている。ANA Cargoは18日、同州のバンクーバー国際空港から同国の一部他空港へのロードフィーダーサービス(RFS)の新規予約受付を一時的に停止している。再開予定は未定。