全国港湾、全港・全職種でスト準備

全国港湾労働組合連合会(全国港湾)は20日、横須賀港の新港埠頭と北九州港を結ぶフェリー航路の新規開設を巡る問題に関し、日本港運協会に対して全港・全職種を対象とするストライキを含めた諸行動の準備が整ったと通告した。国土交通省港湾局に対しても、問題解決に協力することを要請した。

7回の閲覧

最新記事

すべて表示

中国の一部空港、インド発貨物に対する防疫強化で受諾停止も

ANAカーゴ(ANA/NH)によると、中国の現地当局がインド発貨物に対する規制や防疫措置を強化していることから、中国の一部の空港で一時的な輸送制限と到着貨物の取扱方法の変更が生じていると伝えた。青島と大連についてはすべて受託・運送停止し、インド経由を含めて輸入貨物の取り扱いを一時停止。北京についてはインド経由を含めてすべてPCR検査対象とし、検査結果が陽性の場合は税関の指示に従う。上海についてはす

スエズ運河で座礁のコンテナ船離礁 A stranded container ship has left the Suez Canal

スエズ運河で座礁していたコンテナ船は、現地時間29日早朝、離礁に成功した。同船は日本時間29日夕に移動を開始し、運河途中の湖に到着後、運河の通航が再開される見通し。ただ、運河両端では既に450隻を超える滞船が発生しており、全て通過するまでどのくらいの時間を要するかは不明。20隻以上のコンテナ船が喜望峰ルートへ切り替えている。スケジュールの影響は避けられないという。 A container ship

スエズ運河コンテナ船座礁対応難航、321隻待機 321 ships on standby as Suez Canal container ship stranding

スエズ運河で、現地時間3月23日午前に発生した超大型コンテナ船の座礁について大きな進展は出ていない。船を所有する正栄汽船は26日、日本時間の27日夜の離礁を目指すと発表していたが、現地の管理当局は27日午後の会見で通航再開の目処について明言しなかった。運河内や周辺で待機している船の数は321隻にのぼり、物流への影響が深刻化することが懸念される。また、座礁の原因については強風だけではないと指摘し、技