中国の航空便4割減 40% decreased flights in China

中国では新型コロナウイルスの感染拡大により、春節前後の1月10日~2月11日に運航された航空便は、前年同期比24.5%減の38万7,379便と大幅減少した。多くの企業が操業を再開しているものの、航空便の運航本数は平時の約4割に落ち込んでいる。中国民航資源網によると、1月1日から3月7日までに、国内線では1万4,349便の運航が計画されていたが、実際は6,403便にとどまり、7,946便が運航を取りやめた。国際線も4,022便が運航される計画だったが、実際は1,295便にとどまり、2,727便がキャンセルとなった。

In China, due to the spread of the new coronavirus, the number of flights operated between January 10 and February 11 around the Chinese New Year fell by 24.5% year-on-year to 377,379. Although many companies have resumed operations, the number of airline flights has fallen to about 40% of normal times. According to the China Civil Aviation Network, 14,349 flights were planned for domestic flights between January 1 and March 7, but in reality only 6,403 flights and 7,946 flights have ceased operations. The international flight was planned to be operated by 4,022 flights, but the actual number was limited to 1,295 flights, and 2,727 flights were canceled.

2回の閲覧

最新記事

すべて表示

コロナワクチン輸送、前例ない難易度 DHL points out the COVID-19 vaccine supply is "unprecedented difficult"

DHLは、年内にも最初の新型コロナウイルス用ワクチンの緊急使用承認が認められる見通しとなるのを前に、物流企業が直面するであろう課題を整理した。同社が発表したレポートによると、物流企業は世界で100億回分以上にのぼるワクチンをマイナス80度より低い温度で輸送するという、厳しい温度要件が課される可能性がある、と指摘した。そのうえで、ワクチンをグローバルに供給するためには「さまざまなサプライチェーン全体

高騰続く航空運賃、定期運賃交渉目処立たず Airfare fares continue to rise, and no prospect for regular fare negotiation

新型コロナウイルスの影響で国際航空貨物の運賃が異例の事態に陥っている。国際旅客便の相次ぐ運休・減便で長期契約の運賃が使えなくなり、現状2割高で変動が激しいスポット運賃の適用が続いている。今後の定期運賃交渉のメドも立たず、フォワーダーによれば 期運賃の適用は今年度いっぱいは難しそうという。 Due to the new coronavirus, international air freight f

全日空、沖縄貨物ハブ8月末まで運休の見通し ANA has forecast that the Okinawa Hub will be suspended until the end of Aug.

全日空(ANA/NH)は、新型コロナウイルスの影響で3月末から運休となっている「沖縄貨物ハブ」について、8月末まで引き続き運休の見通しを示した。8月は、成田と上海、台北、香港、バンコク、ソウル、フランクフルトを結ぶ6路線で臨時貨物便を運航するほか、定期便の成田-広州線の運航本数を週6往復に増便。羽田-ロサンゼルス、成田-ホーチミン、羽田-上海(浦東)の旅客便3路線では、全便または一部で乗客を乗せず

株式会社Lean Energy

東京都中央区日本橋室町

1-13-1 DKノア4階

お問い合わせ

support@ebidfreight.com

​© Lean Energy Co., Ltd. All right reserved.