上海浦東空港、状況再び悪化

上海浦東国際空港の状況がまた悪化しているようだ。現地のフォワーダー関係者の話を総合すると、同空港発輸出の航空貨物スペースは10月の国慶節連休後にやや改善の兆しがみられたものの、おおむね7月比5~6割減に再度落ち込み、10月半ばから1~2割減少しているとみられる。背景に継続されている防疫管理に加えて、当局による運航制限がありそうだ。ピークシーズンに入って出荷需要が旺盛となる中、輸出貨物の搭載遅延は2~6日程度と10月より伸びているとみられる。北米向け運賃は100元(約1800円弱)を超え、昨年春の過去最高レベルまで再度上昇しているもよう。日本発も含む同空港着の輸入スペースも変わらず、困難な状況が続く。北米の消費も衰えておらず、上海現地では状況が年内に戻ることはないとの見方が強まる。

11回の閲覧

最新記事

すべて表示

上海浦東空港、供給やや改善も搭載遅延続く

中国政府の防疫強化によりオペレーション能力が低下した上海浦東国際空港の供給がやや改善してきている。中国政府の防疫強化による上海浦東国際空港のオペレーション能力低下国慶節休暇明けの同空港発の航空貨物スペースは、混乱前の7月比でおおむね4~5割減となり、連休前から1~2割ほど増えているもよう。ただ、それでもキャパシティは半減程度のままで、輸出貨物の搭載は2~5日ほどの遅延が続いているとみられる。急騰し

上海浦東線、日本路線貨物便が一部回復

中国・上海浦東国際空港での受託制限に伴い運休していた貨物便および旅客便の回復が進んでいる。全日本空輸(ANA/NH)の運航便数では、設定する首都圏空港発7便のうち9月30日は1便だったが10月1日から3便に増え、5日以降は3~4便に増加している。

中国、防疫強化による航空スペース減で中小フォワーダー打撃

中国政府の防疫強化による上海浦東国際空港のオペレーション能力低下から日本発中国向けの航空輸送スペース不足が続き、特に中小フォワーダーが打撃を受けている。上海向けでは航空会社の受託制限からスペースが大幅に縮小しており、同空港向けの輸送スペースは長期契約分のみに限られる状況だ。余剰スペースはなく、長期契約のない中小FWDは直行便のスペースが利用できない。北京や広州といった中国の他のゲートウエー空港も同