マースク、初の航空貨物チャーター輸送を実施 Maersk launches airfreight forwarding operations with charter flights

マースクは、初の航空貨物輸送チャーターをタイ発日本向けで実施したと発表した。 同社は10月初旬に子会社のダムコが手がける航空貨物事業を統合しており 、航空輸送もマースクとして手掛けている。今後は航空貨物サービスをメニューに加え、コスト削減に適した主力の海上輸送と組み合わせて貨物ごとに適した輸送モードの提案につなげるという。


Maersk has launched airfreight forwarding operations with the addition of charter flights between Thailand and Japan.The expansion in airfreight forwarding comes following the integration of former forwarding subsidiary Damco early October.The company said its airfreight services would complement its existing ocean freight transport provisions.“By combining the speed of air with the cost savings of other modes, customers will be able to reduce inventory and improve their service offerings by fast response time at an affordable price,” it said.



4回の閲覧

最新記事

すべて表示

キューネ・アンド・ナーゲル、中国フォワーダーを買収 Kuehne+Nagel acquires a Chinese Forwarder

キューネ・アンド・ナーゲルは中国大手航空フォワーダーであるエイペックス・インタ-ナショナル(Apex)の買収を発表した。Apexの2020年の取り扱い実績は航空貨物75万㌧、海上貨物19万TEUで。中国国際貨運代理協会がまとめた同国フォワーダーランキング(2019年)では航空貨物事業で第4位にランクインしている。 Kuehne+Nagel has announced the acquisition

北米港湾混雑、カナダでも North American port congestion extends to Canada

オーシャンネットワークエクスプレス(ONE)によると、カナダのバンクーバー港で2月12日時点で8日間から15日間の沖待ちが発生している。同国の中西部を襲った大寒波の影響で内陸向け貨物が港に滞留していることに加えて、コロナ禍による荷役作業員不足も重なり、ターミナルが混雑しているという。対応策として輸出貨物の制限を開始し、各船会社ごとに実入り・空コンテナの個数制限を設定。鉄道会社も冬季期間中の貨物引き

2019年中国フォワーダーランキング、日通14位 The 2019 China Forwarder Ranking, Nippon Express ranked in 14th

中国国際貨運代理協会(中国フォワーダー協会、CIFA)は2019年の中国フォワーダーランキングベスト100を発表した。総合1位はシノトランス、2位は海運最大手のチャイナ・コスコ・ホールディングス傘下の中遠海運国際貨運(コスコ・インターナショナル・フレート)、3位は中国物資儲運集団だった。日系現地法人では日本通運14位、近鉄エクスプレス23位、郵船ロジスティクス29位にランクイン。事業別では、日通が

株式会社Lean Energy

東京都中央区日本橋室町

1-13-1 DKノア4階

お問い合わせ

support@ebidfreight.com

​© Lean Energy Co., Ltd. All right reserved.