マースク、初の航空貨物チャーター輸送を実施 Maersk launches airfreight forwarding operations with charter flights

マースクは、初の航空貨物輸送チャーターをタイ発日本向けで実施したと発表した。 同社は10月初旬に子会社のダムコが手がける航空貨物事業を統合しており 、航空輸送もマースクとして手掛けている。今後は航空貨物サービスをメニューに加え、コスト削減に適した主力の海上輸送と組み合わせて貨物ごとに適した輸送モードの提案につなげるという。


Maersk has launched airfreight forwarding operations with the addition of charter flights between Thailand and Japan.The expansion in airfreight forwarding comes following the integration of former forwarding subsidiary Damco early October.The company said its airfreight services would complement its existing ocean freight transport provisions.“By combining the speed of air with the cost savings of other modes, customers will be able to reduce inventory and improve their service offerings by fast response time at an affordable price,” it said.



4回の閲覧

最新記事

すべて表示

CCFI Summary week 18

欧州(前週比+4.9%)、北米西岸経由(+1.2%)、 北米東岸経由(+8.1%) で増加。 韓国(-5.4%) は減少。

DSVパナルピナ、アジリティの商業貨物部門買収

DSVパナルピナは、中東系物流大手アジリティの一般商業貨物部門アジリティ・グローバル・インテグレーテッド・ロジスティクス(アジリティGIL)の買収を発表した。買収額は42億ドル。アジリティGILの業績を合わせたDSVパナルピナの事業規模は、売上高約220億ドル、従業員7万人以上に拡大し、売上高でDBシェンカーを抜き世界3位の3PL企業となる。フォワーディングの取扱量は航空貨物160万㌧以上、海上貨

ANAの貨物部門、売上過去最高

ANAホールディングス(NH/ANA)の2021年3月期の連結決算によると、貨物部門のANAカーゴが過去最高の1605億円(前期比+56.3%)を記録した。旅客便の運休・減便により国際線貨物輸送重量が65.5万㌧(-24.4%)に減少したものの、需給のひっ迫によって運賃が高騰したことによる。前期は、第1四半期にマスクなど緊急物資の輸送需要が増加し、8月以降は自動車関連部品や半導体、電子機器などの需