コロナの代替輸送手段で成都-欧州間貨物鉄道の運行本数増加 Chengdu-Europe freight rail service increased, corona alternative means

2020年1~2月の中国・成都と欧州を結ぶ国際貨物列車「中欧班列」の運行本数は、前年同期比88%増の267本となった。「中欧班列」は2月上旬の一定期間には、従来の毎日運行から週3~4便に減便したものの、通常の鉄道などに比べ人的接触が少ないことから、停止させずに輸送を続けている。通常、成都から欧州への輸送には海上輸送や航空輸送が利用される場合が多いが、新型肺炎の感染予防・抑止期間中は、船便の運休が相次いだほか、航空便の運賃も大きく値上げされ、代替手段として中欧班列が利用されるケースがみられたという。ただし、中には、中国国内の物流停滞を受け、貨物を鉄道港まで輸送できない事例も見られたという。


In January-February 2020, the number of trains operating on the international freight train “Central Europe Group” connecting Chengdu and Europe reached 267, up 88% year-on-year. In the "Central European Team", during the fixed period of early February, the number of flights was reduced from 3-4 times a week from the conventional daily service, but transported without stopping due to less human contact compared to regular railways Continue. Normally, sea and air transportation is often used for transportation from Chengdu to Europe, but during the period of prevention and control of infection with new types of pneumonia, there are successive suspensions of shipping services and fare increases in air services. In some cases, a central European team was used as an alternative. However, in some cases, due to logistics stagnation in China, cargoes could not be transported to railway ports.


10回の閲覧

最新記事

すべて表示

コロナワクチン輸送、前例ない難易度 DHL points out the COVID-19 vaccine supply is "unprecedented difficult"

DHLは、年内にも最初の新型コロナウイルス用ワクチンの緊急使用承認が認められる見通しとなるのを前に、物流企業が直面するであろう課題を整理した。同社が発表したレポートによると、物流企業は世界で100億回分以上にのぼるワクチンをマイナス80度より低い温度で輸送するという、厳しい温度要件が課される可能性がある、と指摘した。そのうえで、ワクチンをグローバルに供給するためには「さまざまなサプライチェーン全体

高騰続く航空運賃、定期運賃交渉目処立たず Airfare fares continue to rise, and no prospect for regular fare negotiation

新型コロナウイルスの影響で国際航空貨物の運賃が異例の事態に陥っている。国際旅客便の相次ぐ運休・減便で長期契約の運賃が使えなくなり、現状2割高で変動が激しいスポット運賃の適用が続いている。今後の定期運賃交渉のメドも立たず、フォワーダーによれば 期運賃の適用は今年度いっぱいは難しそうという。 Due to the new coronavirus, international air freight f

全日空、沖縄貨物ハブ8月末まで運休の見通し ANA has forecast that the Okinawa Hub will be suspended until the end of Aug.

全日空(ANA/NH)は、新型コロナウイルスの影響で3月末から運休となっている「沖縄貨物ハブ」について、8月末まで引き続き運休の見通しを示した。8月は、成田と上海、台北、香港、バンコク、ソウル、フランクフルトを結ぶ6路線で臨時貨物便を運航するほか、定期便の成田-広州線の運航本数を週6往復に増便。羽田-ロサンゼルス、成田-ホーチミン、羽田-上海(浦東)の旅客便3路線では、全便または一部で乗客を乗せず

株式会社Lean Energy

東京都中央区日本橋室町

1-13-1 DKノア4階

お問い合わせ

support@ebidfreight.com

​© Lean Energy Co., Ltd. All right reserved.